カートをみる お得なポイント会員登録・ログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

 

手間ひま掛ける

「あん」が和菓子の味を決める一番の要因ですが、
材料の良しあしも、お菓子の味を大きく左右します。

当店では最良の材料をほぼ可能な限り国産のものから選び使います。

出来合いのものも極力使用しません。
店で加工出来るものは手間暇惜しまず自家製造します。


例えば、栗の加工、お正月の「花びら餅」に使うごぼうの加工など数え上げたらかなりの数になります。

材料屋さんが準備した「缶」や「ビン」詰めを使う風潮が多い中、上質を求めて自家加工します。

当店の目指す道とは反対に、現代は効率を重視してか、ホットケーキのミックス粉なような材料まで和菓子屋の中に浸透してきています。

新栗甘露煮(自家製造)

お正月らしいお菓子の代表格「菱花びら餅」に欠かせない「袱紗ごぼう」。
99%は材料屋さんが製造した缶詰めを使用していますが、当店は50年近く前から京都から「ごぼう」を仕入て自家で煮て加工してます。
半日がかりの大変手間のかかる作業ですが、自分の好みのゆで加減(硬さ)、甘さ加減に出来るのでこれからも変える予定はありません。

花びら餅「袱紗ごぼう」自家加工

上品な純白の「薯蕷饅頭」。
まさに和菓子の最高峰と言えます。

最近では粉末にした粉状のものが多いですが、当店では昔ながらに、芋の皮をむき、すりおろして最高の生地を造ります。

薯蕷饅頭(伊勢芋から自家加工)